美白のためにはメラニンの生成を抑える、予防策が一番大事!

肌の美白は、実は「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」「日焼けによる、しみ、そばかすを防ぐ」ことと決まっています。

防ぐと言う言葉からもわかるように、出来てからの対処ではなく予防策の一種なのです。

そのため美白のためにできることは、メラニンの生成を抑えることや日焼けを防ぐことになります。

私が一番美白に効果があると思ってやっていることは、凡庸ではありますが日焼け止めをすることです。晴れでも曇りでも、夏でも冬でも日焼け止めを塗っています。

日焼け止めも、顔用の油分がないタイプ、体用の安くて大量に入ったタイプと使い分け、ファンデーションもUV効果があるものを選んでいます。

日焼け止めには、紫外線抑制効果をあらわすSPFと言う数値が使われています。

SPFは数値が大きいほど効果が持続します。

最高値はSPF50です。しかし、このSPFが高い方が肌に負担をかけるという二律背反の効果をもちますので、使い分けが必要です。

ちょっとした外出、洗濯物干しなどはSPFの低い10~20、長時間外出のときは30、海外のビーチリゾートは50と言った自分基準を設けて使っています。